top›爪水虫を診断するための検査

爪水虫を診断するための検査

<広告>

<広告>

爪水虫は、爪が変色することから始まりますが、他の爪の病気と紛らわしくて、見た目だけでは診断がつきません。

医師でも見た目だけで診断はできませんので、顕微鏡での検査が必要になります。 顕微鏡で検査するには、まず患部を少し削る必要があります。 削った部分を特殊な溶液に浸し、顕微鏡で観察します。

もしそこで白癬菌が確認できれば、確実に爪水虫だということが分かります。 爪水虫ということが分かれば、治療方針を決めていかなくてはいけません。

爪水虫は完治が難しく、作用が強い飲み薬を用いることが一般的です。 肝機能に疾患を持っている人は悪影響を及ぼすこともあるため、治療の前に血液検査などを行います。 そして数値に問題が無ければ、飲み薬での治療を開始します。

また、飲み始めてからも肝機能に問題がないか調べるために、再度血液検査が必要になります。 爪の生え変わりサイクルは足の爪で10ヶ月から1年と言われていますので、しっかり治療をすれば最短10ヶ月で終わりそうなものです。

しかし、実際にはそうはいかず、足の場合だと1年以上を要することがほとんどです。 副作用のことを考えれば爪水虫の治療が怖いと感じる人もいるかもしれません。

しかし、悪化して爪をボロボロと失って痛くなることを考えれば、薬を飲んでしっかりと治すことが必要でしょう。 飲み薬での治療を始めると、ほとんどの人が爪水虫の治療に成功します。 病院に行くことを躊躇せず、しっかりと検査・治療を行って下さい。

<広告>

爪水虫コラム
水虫の正体 水虫は女性にもできる 水虫で歩けなくなる? 水虫は臭い?
水虫に似た症状 水虫はどこにでもできる? 水虫の種類 足指の間にできた水虫
土踏まずにできた水虫 かかとにできた水虫 水虫を治す飲み薬 ラミシール錠(水虫を治す内服薬)
イトリゾールカプセル(水虫を治す内服薬) 水虫は治る病気です! 水虫は家族の問題? 水虫の語源
日本に水虫が広がった原因 水虫を発見した日本人 白癬菌とは? フットケアが大切
水虫と爪水虫の違い 爪水虫とは? 爪水虫の3つの症状 爪水虫の診断
爪水虫の治療法 爪水虫は感染する? 子供の爪水虫の治療は難しい? 爪水虫で気をつけること
爪水虫は突然なるのではない 爪水虫は意外に多い? 爪はほとんど老化しない? 爪水虫もかゆいの?
爪水虫は完全に完治させること! 爪水虫の感染経路 日本人の10人に1人が爪水虫 爪水虫に感染しやすい人
爪水虫に対するコンプレックス 爪水虫に効果的な飲み薬 爪水虫の飲み薬の副作用 爪水虫は水虫からの感染が多い
爪水虫は早めに治療しないと悲惨なことに 爪水虫の治療と妊娠・出産の関係 爪水虫の治療薬と他の治療薬 爪水虫以外の爪の病気
爪水虫と糖尿病の関係 爪水虫が活発化する時期 爪水虫が治るまでの期間はどのくらい? 爪水虫はどの診療科に行けば良い?
爪水虫を診断するための検査 爪水虫を病院で受診するときに気をつけること <手の爪も爪水虫になる 爪がもっている役割
爪はカルシウムからできている? 爪の老化現象 爪半月が大きいと健康だというのは本当か? 爪は1ヶ月にどれくらい伸びるのか?
爪は硬いのになぜ水虫が入り込めるのか? マニュキュアは爪に悪影響を与えるのか? 爪水虫治療薬「エフゲン」 爪水虫治療薬「クリアネイル」
爪水虫をレーザー治療 爪水虫用爪切りもある    

<広告>

<広告>