top›爪水虫が活発化する時期

爪水虫が活発化する時期

<広告>

<広告>

爪水虫が活発化する時期は、梅雨から夏にかけてです。 白癬菌は高温多湿を好むので、日本の梅雨と夏の季節は絶好の環境で、大暴れをします。

足は1日にコップ1杯も汗をかくと言われています。 そんなに汗をかく場所なのに、1日中通気性の悪い靴を履いて密閉した状態では白癬菌も繁殖してしまうのも無理はありません。

それに足は角質も多く、白癬菌の栄養になるものがたっぷりとあるんですね。 ただでさえ白癬菌の好む環境が整っている足なのですから、梅雨の時期になるとより活発化します。

反対に乾燥した冬の季節になると影を潜め、水虫持ちの人でも症状が治まってきます。

しかし、治ったように見えても冬の間は菌が休んでいるだけで、再び梅雨になると暴れ出し、爪水虫にまで悪化してしまうケースも多いのです。

白癬菌の潜伏期間は非常に長く、1年以上潜んでいることもあります。 ですから症状が治まったからといっても、油断してはならないのです。 水虫の治療を始めるのに最適なのが、活動が大人しくなる冬です。

特に足の爪は生えかわるのに1年もかかってしまうため、冬から治療を初めて活発になる時期に備えなくてはいけません。 空気も乾燥しているうちのほうが、かゆみなどの症状も少なく治療もはかどるでしょう。

また、冬場でもいつも暖房の効いた室内で分厚い靴下とブーツを履いているような生活では、水虫も休まず活動してしまいます。 冬だからと油断せず、常に足を清潔に保ち水虫予防をするようにしましょう。

<広告>

爪水虫コラム
水虫の正体 水虫は女性にもできる 水虫で歩けなくなる? 水虫は臭い?
水虫に似た症状 水虫はどこにでもできる? 水虫の種類 足指の間にできた水虫
土踏まずにできた水虫 かかとにできた水虫 水虫を治す飲み薬 ラミシール錠(水虫を治す内服薬)
イトリゾールカプセル(水虫を治す内服薬) 水虫は治る病気です! 水虫は家族の問題? 水虫の語源
日本に水虫が広がった原因 水虫を発見した日本人 白癬菌とは? フットケアが大切
水虫と爪水虫の違い 爪水虫とは? 爪水虫の3つの症状 爪水虫の診断
爪水虫の治療法 爪水虫は感染する? 子供の爪水虫の治療は難しい? 爪水虫で気をつけること
爪水虫は突然なるのではない 爪水虫は意外に多い? 爪はほとんど老化しない? 爪水虫もかゆいの?
爪水虫は完全に完治させること! 爪水虫の感染経路 日本人の10人に1人が爪水虫 爪水虫に感染しやすい人
爪水虫に対するコンプレックス 爪水虫に効果的な飲み薬 爪水虫の飲み薬の副作用 爪水虫は水虫からの感染が多い
爪水虫は早めに治療しないと悲惨なことに 爪水虫の治療と妊娠・出産の関係 爪水虫の治療薬と他の治療薬 爪水虫以外の爪の病気
爪水虫と糖尿病の関係 爪水虫が活発化する時期 爪水虫が治るまでの期間はどのくらい? 爪水虫はどの診療科に行けば良い?
爪水虫を診断するための検査 爪水虫を病院で受診するときに気をつけること <手の爪も爪水虫になる 爪がもっている役割
爪はカルシウムからできている? 爪の老化現象 爪半月が大きいと健康だというのは本当か? 爪は1ヶ月にどれくらい伸びるのか?
爪は硬いのになぜ水虫が入り込めるのか? マニュキュアは爪に悪影響を与えるのか? 爪水虫治療薬「エフゲン」 爪水虫治療薬「クリアネイル」
爪水虫をレーザー治療 爪水虫用爪切りもある    

<広告>

<広告>